D engine 2 〜 ex.土下座ファクトリー 〜

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
プロフィール
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
猛追!
ヤフーの動画ですごいの見つけました・・・ヘッドギアに装着できるカメラが欲しいと
以前こちらで紹介したのですが・・それを付けての山で・・こともあろうかとアイツに出くわすとは・・
まさに息をのむ展開・・さあ・あなたならどうする・・?!

http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/others/p4ba9d904ea927de936d2d7b4e1f0aad8
comments(0)
いもーミング
 
秋といえば実りの秋・・稲穂や芋も収穫時・・・
芋はイモでも・・我が家の垣根のアサガオにはそれはそれは・・
肥えに肥えた「イモ」が20^30虫「ちゅう」という
夥しい数で・・アサガオの葉を食らいこのサイズに!
少し前から・・アサガオの下にコロコロと小糞のようなものが
落ちており・・気にしていたら・・これです
なんというフォルム・後方の威嚇のためにあるのか
反り繰り返った角・・張に張ったボデー・・
蛇腹状のJRの普通か・・こいつは・笑



気付いたら駆逐してはいるものの・・30虫を超えるこのスズメガ系いもーむ・・・
ふじも見つけ次第奴らを殲滅するも・・・獲っても獲っても・・いるんです
大人の人差指クラスの・・ジャンボグラブ・・現在もING・・
未だ見ぬ隠れイモの存在・・警戒を怠ってはいけない・・爆
comments(0)
「気配」

今日・滋賀県へ仕事で訪れたとき・・ふと・・後ろの方で人の「気配」を感じ
不意に後ろを見ると・・「ゴアッ・・」なんと・・そこにはリアルに農婦・・いや
ハイカラな貴婦人が・・・・隣にももう一人・・ (笑)





この2体以外にも2体の人の気配をまとうマネキン達・・・
そのそれぞれは決まって帽子とグラサンを基本装備するというもの・・

今までで一番怖い思いをしたのは・・大原三千院近くの田畑に・・
髪を逆立てたマネキンの首だけが杭の上突き刺さって並んでいる
異形な設置方法をみたことがあります・・・驚
comments(0)
蜂の巣

ふじがご近所さんとの会話の中で「蜂の巣できてますよ」
とご近所さんが教えてくれたそうです。
近所さんは子供達が多くその為か
予防も込めて駆除されているとのことでした^・^:

あくる日言われた箇所を見てみると「あっ・・あるわ」
軒下の雨風をしのげるところに一つの要塞が・・
ふじはその日店から高枝切りハサミを持ち帰っていました。
梯子で要塞に近付くも親蜂などはいませんでした・・
軽くつつくと「ぽろっ」


多分アシナガバチだろうこの巣



裏を返すとほとんど巣立った後のようでした^・^
処分というのもかわいそうなので道路側の垣根に裏向けに置いておきました
しかしこの巣虫の力はスゴイ・・・よくこんな巣を作ることができるもんです
蓑虫や蜘蛛なんかにも感心されます・・
そういや・・最近蚊が出始めましたね・・またアマガエルを集めないと^・^

comments(4)
なんダー・・・・

たいそうに言うつもりはないが父になって
自分自身の内外に色々と変化が見える。その反面、
変わらない所もある。それは…アホな所で〜す!いやいや、
ユーラクのブラックシリーズはくどいね。



また新作出してるし。ブラック・サン…でくるかと思ったが。
まだまだ読みが甘いね、俺は。
次はブラック・黒とかの日系人を登場させたら面白いのに。
ラブ・アンド・ピース、メン^・^

父親になった「夕暮れ番長中村くん」現在アイコちゃんと2人三脚で
お子様を育てておられます^・^
「ブラックサンダー」で有名になったあの「ユーラク」お菓子メーカーですが
今回ばかりは酷い・・爆「サンダー」に「なんダー」とは駄洒落にも程がアル
中身がすべて違い「闇ナベ」のような菓子なら確かに「何だー」?ですが・爆
しかし流石は中村君・・コンビニの事情を熟知し、新作を網羅
彼のセンスは計り知れない・笑

そんな彼も先日・・某池でTOPルアーでの調査に出かけられましたよ^・^

日曜日に教えて貰った野池で投げたら雷魚ONEバイトあったけど、
合わすのへタコでバイバイキ〜ン( ´ ▽ ` )ノ

いやいやTOPルアーのみの調査となるとその難易度も上がりますし
派手にTOPルアーをバイトする時期はもうじきやってきますよ^・^
何故故に名門チームと呼ばれているか・・・これはTOPルアーの可能性を
追いかけ水面を割らすことだけに限定した闘い・・これを貫いた・・そんな
チームだからです^:^
魚種や釣りのスタイルは十人十色・・
バスのフリッピング専門の人をフリッパーといい
クランキング専門をクランカーなどと指す事と同じく
彼らはTOPのみの釣りしかし・・どの釣りにも「醍醐味」があり
その道の最高の醍醐味を味わう為に皆さん努力されているはず^・^
最高のオーパを求めて・・

comments(0)
いもほり

今日の昼下がり枚方のフォレオに行ってきました。
2Fのペットショップに用がありここで家で飼っているプレコ
家と店で飼っているウーパールーパーの餌
そして店で飼っているウーパーの水槽の上部式フィルターなど
を購入する事に・・ココにきたら虫や爬虫類・魚類・そして
小動物コーナーにはハムもコロコロしてます
そして犬コーナーで柴犬を見て帰るのがここでのルート

しかしレジ近くにある貼紙が・・「ん・・?」「なんですと・・」



2千円以上購入の方にどうやら「いもほり」に参加する権利が
与えられるというではありませんか・・
我々は4千円を超えていたので2人なので別々にレジを済ませ
二掘りさせていただけることに^・^



すると前に数名の親子がチャレンジでどんどんと子供達が掘り起こす
しかし・・荒い「あ・あ・あ・・そんなに力を入れたら汁が出る・・」
「おいおい・・そんなスピードで投げたらあかん」生物を扱うことを知らない
今時のお子様達はホントに怖いことをするものです・爆

さて僕等の番といっても掘るのは僕・・こんなんは慣れたもので一番下まで
スルスルと手を入れて軽く起こすようにホグしながらイモを掘る

「おおお・・おるわおるわ・」


担当のお姉さんに「いったい何匹いるんですか?」と
訪ねると「ん・・最初は50はいたんですが・・
今は30くらいですね」
30も・・笑 そして合計4匹を厳選して選びました^・^



家のバケツに放り込んで、から揚げ「蛹」になるまでここで飼う事に
しかしまあ・・ナイス「カール」やとは思いませんか?

カールといえばこのゲームには最後お菓子をくれるんですが・・
カールにすればなおこのゲームの意味を理解できるというのに・笑



芋虫といえばイニシャルD氏、ブラザーI氏クラスの男ならば
無問題で掘り起こすでしょうね

comments(0)
珍魚
 それと今年はnabeさんも一緒に小物釣りいきましょ(笑)
意外なやつもいますから(爆)

自分の小物釣りの目標は
もう一度アイツに会うことです。
そう、、、アイツ、、、アカヒレタビラ、、、。



先日ご一緒した時に見せてもらいました「タナゴ」の仲間
Mくんの知り合いに見せると「赤ヒレやないけ・・どこにおったんや」
とかなり珍しいらしくかなりレアな野郎だったようです^・^
「クサリカタビラ」のようなネーミングを誇るレアボーイ
Mくんの近所の川・・あの小川にこんなのがいようとは・・・
小竿を出さねばならないでしょう・・「クチボソ」以来釣っていない小魚
アイツもJHで釣り上げたのですが今回ばかりは餌でいきましょう
宜しくです^・^
comments(0)
斜角の意味は・・・・
 先日のお伊勢さんでの渋滞中にコンビニがあったので
ふじにアイスを買ってきてくれるようにお願いし・・数分後・・
帰還したふじが出したアイスに・・「ん・・これは?」



三重県だけなのか?謎のアイスが・・



通常のアイスじゃありえない角度の棒に
我々も唖然・・・当人も「歯にあたって食べにくいわ」
勿論いうまでもないが・・この斜めということで
くらい付く消費者にネタ的要素も加えた草案者の狙いが
垣間見えるも・・・人間工学的にもやはり食べにくい
やはり棒はセンターですね^・^
そうそう、肝心の味はそこそこイケテマシタ珍アイスでした
comments(0)
奇妙な動物たち
 先日、ふじと動物園に行ってきました。なにやらキリンとか

羊を見たいらしく・・混みに混んだ岡崎方面に向かいなんとか

車を止める事ができ・・いざ「動物園」に「物園」というと

あちこちから集められた物を慣らし檻の中に放り込み

人々に見せる園をいう・・


今回京都市動物園で見た不思議な動物は・・・

「ヤブイヌ」「ん・・藪犬」とかかれた檻にトコトコ歩き回る
狸みたいなの・・・藪犬とはよく言ったもんやわ・・笑



その後・・ふれあいコーナー的な広場に家畜をくくりつけてあるコーナーがあり
ヤギ・羊・ミニ豚なんかがひもで結ばれて座るものがありヤギをなぜていました

そして像や猛獣たちなどを見ている中「ブラジルバク」とかかれた看板が・・・
「ん・・バク・」バクと言えば夢を食らうといわれる奇妙な動物・・・

檻には3匹のバクがおり・・「ん・・あれなに?」ふと見ると哺乳類たるもの
足は4本と決まっているのに5本で立っているではありませんか・・
な・・なんとアレが地面に付いていてかなりのサイズではありませんか・・
酷い動物・・それがあるときドンドンとちじみだし・・見る見るうちに定位置に
「ちじむんや・・アレ」そして目を閉じていたそのバクはちじみ完了後開眼し
座る・・どうやら伸びていると座れないような雰囲気でした・・
その後も見に来ていたレディースが「あれ・・尻尾・・?」とか
言ったりして・・その後黙るか笑うかの選択肢を余儀なくされている珍獣バク
皆さんも「バク」というとんでもない動物を見る機会があるときはご注意・・
comments(0)
コワい

24沿いの大久保付近の信号待ちで(ρ°∩°)何やら

誰かに見られている視線を感じ…ふと左側をみたら…

古びた理髪店の硝子にマジックで直接描かれたオヤジ…

どういう意図で描かれたかは描いた本人しか知らない…


comments(0)