D engine 2 〜 ex.土下座ファクトリー 〜

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
プロフィール
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
2018年度 タイ遠征 最終日

 

 

最終日3日目この日は
NATがガイドについてくれることになりました♪
明るく男前のNATには前々回にもお世話になってます
今回で3回目になるアマゾンBKKですが
ここにはピラルク―がいますので
朝から気合を入れてスタート・・・
ショアラインのシェードに大きく動くピラルクの影
ブリキンスイマーをスローで巻き込むと「GON!」
僕にメガバイトが・・しかしドラグが昨日のチャド―で
絞り込んでいた為フルロック状態だったので痛恨のラインブレイク(^^;)
やってしまいました・・チャンスが1度か2度しかないこのポンドで・・💦

その時にスプールに思いっきりPEがめり込んでしまい
ちょっとやそっとでは出てこない状態になるもAmazonBKKの
オーナーのAeyとNATがほどいてくれました(^-^)
その際にAeyのアンタレスを借りて釣りをしていました(笑)
この日は1SETしか持ってこなかったので助かりました
初代ですがやはり使いやすいですね(#^.^#)

そうして僕らにチャンスが巡ってきました
ここには2度程エサタイムがあるのですがその時は餌のテラピアを
投げ入れることで魚を寄せるチャンスタイム
ブリキンスイマーとジャバギルで攻めていた2人にほぼ同時に
バイト!そして暴れに暴れ出てきたのが「アリゲーターガー」
(・∀・)僕はピラルクは今までに5本釣り上げていますが
ガーは初めてだったのでホント嬉しかったです
FUJIは前回に仕留めているのですが

 

36682622_1322913094507500_5621378219207819264_n[1].jpg
2尾Wヒットなのでいい写真が撮れました(^-^)

 

その時にNATも2度程掛ましたがバレたりもありましたが
食わせのテクが流石だと思いました(^-^)
ブリキンの50センチくらい沈めての
スローリトリーブからのリーリングスピードを一瞬かえ
横のリアクションでスイッチONという
なかなか面白いミノーのような使い方は勉強になりました

実はこのポンド餌撒きタイム後に外周にいるテラピアを
ピラルクが食い漁る傾向にある為チャンスは足元にあり!
ショアラインをデッドスローで巻いていたFUJIがついにHIT!

 

36940744_1752381394875897_8325068197988401152_n[1].jpg
ついにぴピラルクがHIT!5.10MXHをしならせながら暴れん坊を
じりじりと引き寄せついにキャッチ成功!

 

36829615_1752381338209236_7631570673495703552_n[1].jpg
やりました(*^▽^*)おめでとう♬
ルアー選択からエリア・狙いファイトまで一人で全部こなした
記念すべき1尾となりました♪

 

36828623_1752381458209224_8402019134166007808_n[1].jpg

その後は外周でワームがお互い1度破壊された以外はいるにも
食わせが効きにくくなるタフ状態になりフィニッシュとなりました

 

36848982_1752381608209209_2370244149736636416_n[1].jpg

 

36832174_1752381561542547_1556356402719490048_n[1].jpg

 

36819760_1752381781542525_3156964725368029184_n[1].jpg

この後NATに地元の釣具屋さんに連れて行ってもらい
色々とタイのルアーなどを買ってホテルまで帰りました
NAT☆thank you(^-^)Aey☆thank you☆
そして草間さん3日間ありがとうございました
こうして年1度の微笑みの国での遠征が終わりました

 

36805856_1752381851542518_8417897585309646848_n[1].jpg

comments(0)
2018年度 タイ遠征2日目

 

 

タイ遠征2日目この日は待ちに待ったチャド―ゲーム
今回も2チームに分かれて2艇のボートから狙うスタイル
FUJIはSAM艇 僕はPaul艇 
YUIは僕らのサポートをしてくれました^・^
早朝ボートの準備をしているときに前回もそうですが
ここには50センチ級のサワイが沢山いてその中群れの下で
捕食を狙う大型個体がいるのでそいつを狙うべく
リグったのがこの日の為にお願いしていた
「疑似餌工房彩」のPb110XカスープBr
大型なのでコイツで溢れ返るサワイの中でも
存在感を出せる為こいつでドッグウォークというよりは
水面を走らせながらのパニックアクションにて
強烈な破裂音と共にバイト!!「でたぁ!」半端ない
5.10MXHがバットから曲げる大物HIT・・格闘中に
杭に絡まりながらも上手く引き剥がすことができ確保!
凄い魚をキャッチに成功!

 

36772389_1750946065019430_8064087014212894720_n[1].jpg

 

36764812_1750945978352772_8558094144008880128_n[1].jpg

36854032_1750945885019448_6276731628043632640_n[1].jpg
 

YUIが素早くランディングに来てくれました(≧▽≦)

いきなりのマグナムチャド―(^^♪最高です

その後FUJIもスタートし更に疑似餌工房彩の
新型ジョイントクローラーにてHIT!これにも激しくバイト
良いサイズがHITしてきます(*´▽`*)伊丹さんやりましたよ

 


その後はFUJIがウィルのオリジナルプーファにてHIT!
朝のモーニングバイトでサワイの中でも存在感を出せるのが
大型ルアーの持ち味!ハイアピールゲームで幕を開けました

 

その後2艇に分かれてショアラインを流しながらチャド―を狙うゲームとなりました☆

この池にはサワイを食う大型チャド―もいますが全体に小型のマイクロベイトが水面に沢山いて

それを狙ってあちこちで捕食しているチャド―狙いが
今回のもう一つのパターンと呼べるもので水面をすぅーっと
チャド―が現れ小魚を食べ進むという状態でもあり
Paulからそのことも教わり呼吸打ちというよりもボイル撃ちが今回のメインの戦略となりました。

 

36767932_1750946755019361_765074206747525120_n[1].jpg

 

36774694_1750946948352675_1207570629826445312_n[1].jpg

BIGルアー=BIGチャドーというパターンとマッチザベイト
2つの選択肢もありますがまずはジョイントクローラーを引き回すことにしました・・

そしてバコーン!食らい付き
首を振りながら噛み切ろうと暴れるチャド―
興奮しながらもキャッチ!効くんですね(*´▽`*)最高です

 

 

36878560_1750946838352686_5534342502250708992_n[1].jpg

その後ルアーチェンジにてサーチの本命
ザクトクラフトザグナフルチューン「フルバーニアム」
昨年に大爆発したルアーはやっぱり凄い!

 

36834013_1750947305019306_9054833633214332928_n[1].jpg
ショアライン・ボイル撃ち・呼吸撃ち等で爆発
小型のサイズは写真に撮ってないのですが
いい感じで釣れました☆このルアーはノセ系というよりは
ぶち掛け系なのでやはりComodoならではの掛けの展開が
バッチリハマります!無論鬼バズは爆発最高です☆

 

 

 

36843117_1750947125019324_8936683961984221184_n[1].jpg
FUJIチームもSAMが狙いをFUJIに伝えてくれながら
プーファーで1本追加☆マッドマウスは1本掛けましたが
足元でバレてしまいましたが
間違いなく効果有のルアーでした

36796743_1750946451686058_2866942540400033792_n[1].jpg

👍

その後狭間印のフラットベイツクラフトの鬼シリーズも
半端ないポテンシャルを叩きだすこととなる
鬼バズ・フラットバズ・小鬼を中心に釣り込んでいく

 

36768111_1750946598352710_3307516974203928576_n[1].jpg

やはりバズはチャド―には効果絶大でチャド―には基本
スローよりも独特な捕食に持ち込む「チャド―スピード」
というものがあり奴らにスイッチを入れる

 

36889501_1750946518352718_9105757359635955712_n[1].jpg
リトリーブスピードが存在しており色々勉強になります
SAMも100Xポッパー含め
色々なルアーで釣り上げてくれました(^^♪

 

36840249_1750946368352733_5077934340797628416_n[1].jpg

 

36756877_1750946315019405_8742480809467838464_n[1].jpg
FUJIにも大型が飛び出しましたサコンチャイルアー
昨年も活躍したスペシャルなチャド―ルアー
コイツで釣れたのが彼女最大のサイズでもありました(#^^#)

36790335_1750946648352705_7074554006940418048_n[1].jpg

そしてもう一つ驚いたパターンが存在しました
Paulがあるものが浮いているのに着目し
あそこを撃てという指示・・「あっ」そこにはなんと
サワイが浮いておりその後ろにチャド―らしきヒレが
何本も・・「これはもしや・・と彼に聞くと」
大型のチャド―がサワイを下から食い上げ噛み切られた
弱ったサワイに多くのチャド―が群がる
シュチュエーションでした!これは新たな発見になりました
そこへ鬼バズを引き回すと強烈なバイト!またしても
BIGチャド―がバイト☆段違いフックワイヤーなので
ガッチリホールド新しいパターンの一つを
また勉強することができました^・^

36788631_1750947051685998_1629712562939494400_n[1].jpg

こうして移動しながら池を1周してお昼になりました
昼からその他のルアーを使った釣りをと考えていましたが

昼からはバイトが浅く1時間もしないうちに辺りが暗くなり
強烈なスコールが降ってきたので終了となりました

時間があったらその他のルアーでやりたかったのですが
次回の釣りまで取っておくことにします

 

FIshman☆ブリスト5.10MXH 
オルカ☆ナーホエールファング62
FIshman☆ブリスト6.10XHComodo
FIshman☆BC-4 5.10MXH
FIshman☆BC-4 5.10XH
ザクトクラフト☆ザグナフルバーニアム
F.B.C鬼バズ・小鬼・フラットバズ
疑似餌工房彩 PB110X P100X
ウィル 改良版プファ―
FMS清水製作所バレンクッション3.2


その他も使用間違いなく結果を出せるルアーの数々
次回はその他でも狙って行きたいと思います

Paul☆SAM☆YUIそしてオーナさん
ホントありがとうございました(^^♪
僕としましても夢のような時間がここにありました
コイツを釣る為に何年か通った中で大型チャド―が
何本も獲れて本当に至高に極みでした☆
こうして2日目の釣行が終わりました(^^♪

 

36768771_1750947365019300_1435570278699630592_n[1].jpg

comments(0)
2018年度 タイ遠征 1日目

 

36796991_1750369125077124_6182727086130593792_n[1].jpg

タイ遠征からおかげさまで
無事に帰ってくることができました。
4日タイのバンコクでホテルを借りて
5日からの釣行となる為夕方・・街を散策
昨年泊まった所なので、地理的にも少々覚えている中
タイ飯(^^♪パンチが効いてやはり美味しいです☆

 

36798865_1750369218410448_9024338441994764288_n[1].jpg

実は4日は以前鯰を爆発させたアマゾン釣り堀に行こうと
予定していたのですが、モコリーの草間さんからの情報で
餌専用釣り堀に変わったとのことで
急遽モンスターレイクさんへ行く事になりました
ここには行ったことがないのでどうなるかはわかりませんが
チャレンジしてみることにしました
いつもお世話になっているモコリーのSAMが
迎えに来てくれ2時間程で到着☆「デカい・・・」
池の規模がかなりデカく・・特別変化のなさそうな
ゴルフ場の池のような雰囲気のアマゾンポンド
ここはタイでも歴史の古い池らしく僕らは今回が初めて
さてどうなるのか・・・

 

36776601_1750369325077104_5366166748468871168_n[1].jpg

朝一日陰のシェードラインがありそこを攻めると
デカい何かにルアーが当たり‥大暴れ・・
ボディタッチでした・・その後張り出しと木陰の絡む
角にルアーを通すと喰い損ねた何かが・・反転して戻る
一度仕切り直してSAMに聞いた「ピーコックとアロワナ」
がいる池がありますと(・∀・)「なんですと?」
FUJIですが彼女のこの遠征での1番の目的は
「レッドテール」らしくSAMに聞いたたまり場で2人で
狙っているので僕は隣にある「ピーコック池」に
複雑な入り組んだ形の池にはハスとカバー
そこを狙いながらピーコック又はアロワナがいるという
ポンドにサーチを入れることに

「ん・・あれはなんだ?」
水面近くを低速で移動する魚が
静かに身を潜めその長いのが動くすぐ前に
ワンナップのウエイデットをキャストすると
凄いスピードでバイト!マジか?!(・・;)
ジャンプジャンプの繰り返しで暴れるそれが・・・
「ブラックアロワナ」でしょうか(・∀・)
ついにそいつを捕えることに成功☆

36772379_1750369851743718_4450535933493641216_n[1].jpg
やりました!お初の魚を捕えることに成功

その後一度FUJIのところに戻りました
FUJIもSAMバイトがあったらしく
餌タイムが始まるということでテラピアを撒く
タイミングでマッチザベイト☆ジャバギルを
投入したFUJIについにあいつが口を使った!
強烈なトルクフルな引きは・・・間違いない!
アイツです(^-^)SAMのサポートを受けながら
ついにそいつが顔を出した!
特大レッドテールキャット・・顔が出るや否や
FUJIが「ああーカワイイ(´▽`)」こいつの顔を見に
きたといっても過言ではない笑顔のそいつが
太くデカくかわいいんです(#^.^#)
大喜びのFUJI(*^▽^*)おめでとう☆
マグナムレッドテールを捕えることに成功!

 

36794144_1750369451743758_5085943892163952640_n[1].jpg

36754142_1750369541743749_143889788192161792_n[1].jpg

 

36761904_1750369371743766_4393289005894991872_n[1].jpg

FIshman☆BC-4 5.10MXH
シマノ☆クロナーク200E
PE4号☆リーダー50Pd
FMS清水製作所バレンクッションシーバス用タイプ3
IKジャバギル

僕はこの場所ではバイトがなかったので

再度ピーコックとアロワナを目指して第2のポンドへ
先程とは違い陽が真上になり直射する日差しを避ける
だろう魚達・・いるだろうポイントははやはり
シェードやストラクチャーそこへライザーベイトで
撃ち込んでいくと・・ピーコックがバイト!
しかし乗りきらず・・・そこでエアオグルにリグり直し
ショアライン10センチ寄せで際際を流していくと
ついにキマシタ!ピーコックバスがHIT!

 

36867521_1750369908410379_9075029046181494784_n[1].jpg

オルカ☆ナーホエールファング62
アブ☆ビッグシューターコンパクト
PE☆3号 リーダー50Pd
FMS清水製作所バレンクッション2改
エアオグル☆ワンナップシャッドウエイデッド

 

 

36760840_1750369625077074_7764309493931835392_n[1].jpg

そして最奥の蓮周りのシェードを通して
巻き巻き止めるリアクションにてゴン!
なんと瞬発力のある魚なんだと思いました
またしても飛んで跳ねて大暴れ
ブラックアロワナを追加に成功!!

 

36863521_1750369708410399_5238945144236933120_n[1].jpg
ここのピーコックアロワナポンドはの自然に近い
状態にある為ほぼ野生に近いものでもありました
こうして時間を迎えることとなりました

その後もSAMとレッドを狙うも
その後はFUJIも打ち止め
このエリアは規模がデカく
魚が散っている感じなので
特別地形に変化のある池でもないので
ルアーでは難易度も高い池でもありました
餌で狙う白人もあまり釣れずの中
FUJIは頑張ってくれました^・^

 

36863490_1750369961743707_2936591521073332224_n[1].jpg
勿論ですがモコリーガイドSAMは日本語も話せて
いつも親切にしてくれるガイドであり友人
明るく素晴らしい人で今回も色々とサポートしてくれ
感謝しています(^-^)

 

36752993_1750370018410368_4000136886554198016_n[1].jpg

このポンドではオルカ「ナーホエ62」のみで
チャレンジしました☆ハードベイトを小気味良く
扱えるこのブランクが大活躍となりました

こうして1日目終了です☆ついに明日は
僕の本命チャド―釣りです(≧▽

前日、僕らが出たその日から雨が降り続き
日本全国的に大雨で各地で災害が広がっている事には
ホント驚いています
皆様のご無事を心より祈ってます

comments(0)
2017年度 タイ遠征2

朝5時にモコリーさんでいつもお世話になっているSAMに
今回もお願いしました^・^以前このツアーで
一緒になって以来のお友達森本さんとの出会いのツアーでもある
モコリーツアー☆今回は水が動く時間帯ということで早朝を狙いましたが・・・
6時に着いて準備をしていると・・止まった・(笑)..

 


実は以前ここに来たのは2回目ですが動画で見た情報では

実は7時頃まで回っているということでしたが・・変わってしまったんですね(笑) 
そのモーニングタイムにて数々のTOPルアーでの
HITを目論んでいたのですが・・果たしてどうなのか・・
2人で手分けして魚を探ることに・・FUJIは鯰メインなので
小屋横をザクトルアーを中心に朝一狙い始めました
朝一チャド―池が騒がしかったのでそこでT-バド・ザグナを使用するも
反応があるもののバイトに至らず・・
そこで足元のテラピアのサイズに合わせた小型のポッパーに変えると
ショアラインにてバイト!

 

 


ここで3本GETに成功しました・・
清水製作所のバレンクッションタイプ2SETでしたが
使用感も良く相手の動きを伸びて暴れをいなし
バラシを軽減できる意味を体感(・∀・)河井さんありがとうございます★
いい働きをしてくれました^・^釣り上げたチャドー^・^
久々の再会でした☆サイズはともあれ食い方がいいですね★

 

よく見ると丸型の透明の甲羅をかぶった
頭の辺りに寄生虫が付いていました
これ熱帯魚に付いていたことがある奴(・∀・)?
とりあえずすぐ取れる奴なので取ってあげてリリースしました

この頃から車がどんどんと入りだし・・あっという間に30台位・・
しかも7割日本人という異様な光景に様変わり(^▽^;)
大人気釣り堀は人で溢れ50名ほどの人で溢れました

 

陽も上りだし熱い時間帯になってきました

以前SAMが話していた聞いていたのですが
小指の半分くらいのワームにジグヘッドや極小メタルバイブが
1番釣れるということがわかるタフな時間帯に・・突入・・
魚の魚種が多いのですがどれか一つに絞ってやりきると
結果は付いてくる感じの池ですが
あれもこれもと手を出すと時間も足らないので迷いながら
バラは諦め鯰池での大物狙いに時間を費やすことにしました

 

バイブレーションにHITしたのはアジアンレッド☆
今回は少し小型でしたが若干スレで掛かったようでしたが
取り込みに成功(笑)

 

その後もデカ物池でデカバラを障害物に突っ込まれバラシ
とミスもある中

そしてついにザクトクラフトのおちパ君が火を噴いた!
限定グリグリゴールドで(笑)この池の大物の一種!
プラ―サワイがバイト!(*^▽^*)熱い中ついにHITに成功!

 


こいつは結構強い引きで青物的な馬力を持ってますね
泳ぐ専門の鯰って感じでパワフルな鯰です・・この魚は
面白い顔をしているんですよ^・^
各ヒレのフィラメントが伸びカッコのいい魚です
コイツを釣り上げました

 

それと同時にこれまで沈黙だったFUJIがついにHIT!

 


バイブレにてSAMのサポートもありサワイとの格闘の末に
デカい(*^▽^*)なんと1M強のデカサワイ!これまでに
何度かのバイトはあるもののモノにできてなかった鯰池で
狙いのサワイが・・昨日のバズーカ―持ちが


ここで再演されることとなった^・^おめでとう☆彡
こいつはホント嬉しかったと思います♪

 

その後帰る時間2時頃になる寸前にNさんから頂いた
クマノミメタルバイブで(*^▽^*)サワイが・・♬

 


最後に確保となりました。兄貴ありがとうございました☆

こうして前回よりも休日で人もかなり多く少しタフ気味でしたが
なんとか良い魚に出会えることができて良かったです♪

そしてSAMに帰りに「キングフィッシャー」さんという

釣具屋さんに連れて行ってもらうことになり^・^ワクワクです

 


いやいや凄いですねここは・・日本とはまた違った
凄さがあります(・∀・)プラーチョン用の
フロッグやチャド―用のケロルアー・・
オーエンZのオーエンベイトもありました☆
そしてメイミーのレオパードのケロルアー・フロッグなど
普段見かけないものがいっぱいでホント楽しかったです
ここでごつっそり買い込みいよいよ待ちに待った天然チャドー
明日の本命に挑むこととなりました☆

comments(0)
2017年度 タイ遠征1
先週の土曜日からタイに釣り遠征に行ってきました
タイは今回で4回目となります★この時期は雨季!
空港ではバズーカはオーバーサイズ扱い💦・・

これをおもむろに掲げた
FUJI(笑)後にこのポーズの意味が分かることとなりました(笑)
土曜日は夕方にタイに到着☆この日は明日からの釣行に備え
宿泊ホテル周辺を少し見て廻りました^・^

日本との違いは以前の日本のように単車があちこちを走っているというよりは
スクーターやビッグスクーター・・
そして大型に対して125CCクラス以上のバイクが沢山!
日本にはなさそうなタイプのホンダ・ヤマハなど
カッコいいのがいっぱいありました♪

移動手段として使用される為バンコクでは車の渋滞が
ヤバいところなので毎回夕方になると混みだして
この帰宅ラッシュ?渋滞に巻き込まれて大変でしたが
この日は休日なので渋滞は少なめでしたがすごく混みます
単車のヘルメットはかぶってもかぶらなくてもいいのかかぶってない人たちと
半々でした(・o・)三人乗りも結構見かけました
車はトヨタが特に多かったです^・^
そして面白かったのが信号機・・カウント式の信号なのですが
青になるとモニターの人が歩きだして音が鳴り響き・・
信号が変わる前には人が走り音も焦らせるように速くなります(笑)面白かったですよ^・^
後は電線が人がジャンプしたら触れそうなくらい下にあるところもありすごい数の家庭用電線が
こんな感じでした。水は買わないと飲めませんが

食べ物は美味しくて物価も安くてお気に入りの国です
明日はバンコクの人気釣り堀「パイロット111」
4月頃までの情報ではよく釣れていたようでしたがどうなのか
この日はFUJIと早く就寝し明日に備えることに
comments(0)
愛知の魚達☆

 

愛知での充実した一日を過ごした後昨年から共に頑張ったザクトファミリーの

愛知の猛者の方々からコアな情報をいただき愛知での遠征を開始

こういった遠征は時間との闘い・・その中でこういった情報のおかげで

いいエリアに入らせていただけることになり感謝の限りです^・^

 

これは懇親会前にナビで川を見て絞り込んだエリアに行って驚きました

デカい鯉が20程・・いるいる・・そこでどデカい鯉をFUJIが確保に成功・・こいつはほんとに重く

引き揚げるのが大変なデカ物でした(^^;

 

これも普通にデカいのですが体高の違いとウエイトが違いますね(笑)

 

ここからが教えていただいたエリアでの魚達^・^

素晴らしいエリアで僕らのエリアにも似たシュチュエーションいつも同様の釣りでもいい反応^・^

そして初めての二ゴイとの出会いを果たしたFUJI^・^

お互い鯰もGETできました

ホント素晴らしいエリアを教えていただいたおかげで

👍コンデイションの魚達に出会うことができました^・^ありがとうございました

愛知遠征ホント素晴らしいものとなりました☆彡

 

comments(0)
2017年  三重遠征2日目

 

昨晩は四日市市内で宿泊をしました

ここから鈴鹿方面にてリバーゲームをランガンしながら

釣れる獲物を探りながらのゲームをスタート

初めてのエリアなのでナビを拡大させながら魚の付きやすい

川の中流から下流エリアを重点的にピックアップし近くに行って

地形の変化や流れ流入河川・トロ場・ワンド・川の

インサイド&アウトサイドの深みや堰堤などを車で川沿いに走りながら

魚を探す作業を繰り返しながら発見するというモノ

最初の河口近くの支流にて大型の鯉を確認・・ここですかさず

身を隠してのアプローチにてBIGマンをHIT・・そしてFUJIがランディング

いいカープを仕留めることができました

 

ここではFUJIも惜しいバイトがありましたがHITならず・・移動しながらエリアを探す

そしてある水路にかなりの鯉がいるのを確認して2手に分かれてアプローチ

少しスレ気味でしたがなんとか食わせに成功

 

ここでも綺麗な鯉を確保に成功^・^知らないエリアでの魚探しはほんと宝さがしと同じですね(笑)

そして三重といえば2年前の「バリバス鯰道場」で優勝したキヒラさんがいるTベリーさんがあるので

そこを訪ねてみることにしました

お店でお会いして釣りの話へと・(笑)釣り好きは皆同じです^・^親切で明るく気さくな

キヒラさんとその師匠の方も一緒におられこの辺の鯰情報もくださいました

三重県に行くときはここに是非立ち寄りたいですね^・^充実した品揃えと情報網は流石でした

キヒラさん達と別れ教わったエリアを見に行くと・・このときは少し濁りが入り

鯰を見つけることができませんでしたがハイシーズンはヤバいエリア間違いなしという感じの

素晴らし入れリアでした^・^

また次回にじっくり攻め込んでみたいです^・^

そして実は前回見つけていた凄いエリアがあったのでそこを目指して移動

そしてそのエリアにたどり着くことができました

 

そして遠征でFUJIが覚醒する!

日向ぼっこにに集まる鯉を見つけ次々にHITさせていくではありませんか(笑)


タテ続けに3本の鯉を確保させ「カープ女子」としての役割を遠征先でも見事に決めてくれました^・^

その後僕もここで久々のマグナムカープを掛けることに成功

濁りの中エルホリをぐいぐいと絞り込む大物!ネットがなかったので勾配のハンドランディングのみ!

時間をかけ岸まで寄せるも水に入らないと取れない・・しかも重すぎてこいつは両手じゃないと・・・

靴を脱いで片足を入水で一気に両手でマグナムを取り込むことに成功!

こいつはホント重い大物でした(笑)こうして2デイにわたる遠征も時間となりました

そして車までの道を歩いていると・・「ん・・あれは鯰?」流心から岸際へ餌をさがして泳ぐ鯰が!

様子を見て岸際について今度はエサを探しながら下へ動きを変えた瞬間に撃ち込みHITさせることに成功

最後にご馳走様でした^・^こうして様々なエリアを廻る新春遠征も無事に終わることができました

知らないエリアから魚を探し出す作業はホント楽しいですね^・^また次回の遠征も楽しみです

 

comments(4)
2017年  新春初遠征  IN三重1日目

 

今季一発目の遠征場所をどこにするか3日に考えており

三重県に決定しその日の内に荷物を放り込み夜のうちに

現地入り・・そのまま車中泊(笑)今回初めのターゲッドは

「ナイルテラピア」この種は以前京都にもおりましたが

工場などからの温排水があったため生き残れておりましたが

数年前に工場ストップの為ほぼ全滅して

今ではいる場所も少なくなりました。

 

早朝・絞り込んだポイントに車とナビでエリアを廻り・・「あっ・・ここや」

直感的にここだと思うエリアを見付けることができました

湯気が立ち上がる温排水^・^なんとそこには小型のテラピアが沢山いる中に

見え隠れする巨大なテラピアが・・^・^そこで僕らはフェザージグやスプーンなどを

使ったライトゲームを行うことにしました

このサイズが辺り一面に浮いていました(笑)

ファーストヒットはFUJI

その後どんどん釣れ出し楽しいラッシュもありました^・^

水面直下に浮いている個体は小型でボトムを引きずり食ってくるサイズはこのサイズ

ここで当たったのは少し金のスプーンと赤のスプーン

 

 

この日はシエラの初陣の日でもありアルデカスタムと6ポンドセッティングでした

この頃から人が増えだしあっという間に4名にもなっていました

人が増えるとプレッシャーが上がり始めデカいのがどこかに行ってしまいました

 

FUJIもアベレージを何匹か釣り上げメバルワームもハマるルアーの一つでした

恐ろしく小さい子も釣れてしまいます(笑)

 

このサイズがアベレージではありますが時より現れるマグナムが僕は釣りたいので

彼らの行動範囲や隠れ家パターンなどが攻めるにつれわかってきました

その中で見つけたある一定の行動パターンを先読みして通り道に仕掛けることで

ついに大型個体とのコンタクトを・・しかしシエラではフッキングが決まらなかった

ノセ系のロッドなのでフッキング重視の5.10LHに変更したところ

そのセッティングがドンピシャにハマりここからデカ物3連撃で

ついにでたBIGテラピー

そしてモンスターが2尾

 

 

ジグヘッドにホグ系ワームの掛けの釣りで移動するだろう路にSETすると

「GON」という感じで食ってきました(・∀・)いい引きでしたよ

 

 

 

限られた時間でナントか大型のパターンを掴むことができマキシマムサイズを捕獲することができホント

良かったですね・・こうして3時ごろ1日目のターゲットを捕獲完了・・その足で周辺を散策

ここには「フィッシング遊」さんがあり中には色々と品が置かれていました☆

そこにはザクトさんのるあーもありましたよ^・^

その後明日のターゲットは淡水の「リバー叩き出し」の仕掛けを揃え

この日は宿泊先近くで早めに休むことにしました

comments(0)
遠征記

 

ここ最近は地元を離れ各地への遠征をこなしていました。

地元で身につけた川の水深・水質・地形・流れ・主に置いたを魚の探し方を軸に

現地の情報集めと初めてのエリアから学ぶことは多く今回の遠征でも

多くを学ぶことができました。

今回の遠征にてFUJIは今期掲げた「カープ女子」狙ってルアーにて鯉を釣る

その目的を着々と果たしつつある中今回は特に「鯉との距離感」間合いですね

気付かれずルアーを通す角度やタイミングを学ぶにはいいシュチュエーションがあり

今回の遠征にて3本の鯉を捕えることに成功^・^

 

そして今回はぷりぷりの小バスがわいている状況がありここにて11連発!

バス釣りよりも鯰釣りの経験が長い彼女にはバスが新鮮で楽しんでいました

 

 

 

鯰も慣れたものです^・^デイナマを見つける方法も独自で見つけウィードエリアなら

フロッグなどでウィードの塊を上から叩いてから鯰を見つけて釣る方法も編み出しており

今回の遠征では69センチをマーク!色々な経験を積み少しずつ実力を上げているFUJI

鯰も10匹を超える

 

様々なエリアを経験することで今期は飛躍的に上達しているFUJI今後が楽しみです

 

 

 

今回の遠征にて高所からのカープを爆撃基本装備の360ネットで獲れると思うも

ぎりぎりの長さで苦戦・・作戦を切り替え、対岸に昇降階段があるのを確認し

入水ランディングを試みることに

対岸へ回り込む間FUJIにロッドを預け対岸に回り込みダイブ!

下へブリストとネットを投げ込んでもらいその勢いで大捕り物!

 

 

FUJIがネットを車に忘れた際に掛けた鯉をキープしてネットを釣りに行く際に木に切ったPEラインを

縛りつけていたようで僕も応援に駆け付けたら・・するするとラインが木から取れて・・・・でも鯉が

まだ近くにいる!そ・・っと入水して鯉に近付いて取れたPEを掴むことに成功!

 

(笑)ここで手釣りにてランディング成功^・^これで鯉もフックもはずせて一安心^・^

これもケースバイケースでした(笑)

この足で昇降階段へ向かう途中に石の隙間に鯰の尻尾が・・「これはいかないと」

素手で捕獲を試みて「だぁ〜っ」やりました^・^素手ナマGET!これも嬉しかったです(笑)

 

鯰は68を頭に複数のNEWエリアを廻り続けて20匹を超えるも

ナナマルは今回はお預け^・^:サイズUPはなかなか厳しいです

 

今回は太いコンディションのいいライギョも捕えることに成功^・^

はじめてのエリアでは何が起こるかわからない(笑)色々な発見と経験を積むことができました

 

 

 

 

comments(0)
★日本で怪魚★ 浜名湖FR編

 

先日の土曜日の晩京都を発った我々

行く先は静岡県・・実は兼ねてから行きたかったところがあり

そこへ行くために車で車中泊をして早朝からの戦いに備えるというモノ

浜名湖フィッシングリゾートという管理釣り場です

実はこの管理釣り場はよくあるトラウトや鯉・鮒などの釣り堀ではなく

「アマゾンフィッシュ」を日本で釣ることのできる凄いポンドがある

魅力的な釣り堀・メガバスさんがオーナーであることで

「バスポンド」「ハウスで釣るテラピア」などもあり

今回の相手は「コロソマ」ピラニアににも似た風貌で人間のような歯を持ち

鋭い歯は軟なフックなどは一瞬にして食いちぎってしまうまさに怪魚

そしてお盆に放流されたピーコックバス^・^この2種が僕らの今回のターゲット

ここのレギュレーションに合わせ今回はコロソマのエサ釣りを行うことにしました

ルアーはほぼ食わないのとフェザーやワームも禁止なのでエサを疑似できる

ルアーがないので皆さんここではエサ釣りが一般的というので「郷に入っては郷に従え」

強力なスナップに海上釣り堀の青物用のネムリ針をSETしここでもらえる・多分「サナギ粉」

が入っているだろう練り餌を仕掛け・・スタート

しばしば水面に波紋が立ち・・大物が多数いる雰囲気・・・・

でFUJIにファーストヒット!・・・・しかし・・いきなりのラインブレイク!

これはやはり日本ではない・・この池はアマゾン!再度チャレンジしその化け物が

顔を出した・・この魚はほんと凄い引きをします(笑)

 

 

これがコロソマ!まるでピラニアそのものですがその引きはまさに暴力その物!

体力が半端なく最後まで抵抗し続けるタフさとその噛む力は怪魚と言って間違いありません!

 

 

 

 

僕もラインブレイクからのスタート・・これタイみたいね・・日本ではこんな切られ方無いから

きっちり結びなおしPEラインをみてアタリを待つと・・・・「すぅ・・っ」とラインが引き込まれ

気合で合わすと・・凄まじい引き・・これは凄い魚だと驚きましたが時間をかけてじっくり

弱らせながらついに!

 

 

 

今回はブリスト5・10LHでの戦いでしたが強い引きにもこの竿の特徴が上手く作用し

安心してコロソマとやり合うことができました^・^

今回を持ってきてなかったので匹数は伸びませんでしたが浮があれば連発させることができます

釣れない時間がきて暑さも厳しく工夫して練り餌の大きさなどをコントロールしたFUJIもグッドサイズをHIT!

ここんところめきめきと力をつけてきているFUJIが頑張りました^・^

 

 

そしてやはりもう一種釣りたい・・朝一からルアーをしてコロソマの10分1ともいわれるピーコックを狙う

アングラーさんが2人いたのですが釣れず・・ここからは僕がルアー釣りを開始・・

泳ぎ回るコロソマに対してピーは何かに付いているようでしばしば岸際に現れることも踏まえ

タイでも多用したベイトフィネス・・メタルバイブを駆使したリアクションを武器についにその時が来ました!

 

 

 

マレーシア以来のピーコックがHIT!アルビノのグラミーの横からいきなり現れてメタルを抑え込んだ!

これはテンションが上がりました^・^食うのが見えたのでその追いを見てこれは野生と同じ本能が

このピーコックにはある・・餌で育てられたにもかかわらずこいつはルアーを追う!

タイガーのバンド模様^・^コブも少し出てきているかっこのいい魚でした^・^

40センチ〜25センチ位がいるようでいいこいつもいいサイズでした

そしてそれを見ていたFUJIも同じエリアで狙いが明確になったこの戦略で高速リアクションでHIT!

彼女もマレーシア以来のピーコックバス!こいつもいいサイズ^・^FUJIもやりました★

 

その後カラ―ローテでもう一匹を釣り上げることに成功

ハメるとホントヤバイですね^・^

 

 

いいですねぇ^・^狙いの2種をコンプリートすることができ午前中でここを後にしました

日本にいてこんな釣りができるとは思いませんでしたがすごく楽しい時間を過ごすことができ楽しかったですね^・^

その後エリア開拓をするべく三重へ入り夕方の少しの時間をエリア調査にあてて何本かいい川を見つけることができました

エリア開拓もかなり楽しいので今後もどんどん地方へ出ていきたいですね^・^

 

 

comments(0)