D engine 2 〜 ex.土下座ファクトリー 〜

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
プロフィール
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
和知ダム調査

昨日は仲間のIZU♂くんバス釣りに行ってきました
前年度からダムのバス釣り大会に参戦している
彼の為にも琵琶湖ではなく和知ダムなら
ダム湖の試合勘を養える為ここを選びました☆
ホント久々にマイボートを久々に起動させることに
実はこの日の目的は2つ☆
一つ目は買ってから1回しか使わず2年・・(笑)
2馬力エンジンの起動確認
2つ目は道楽箱ジグのテストでしたが
現地に着いて・・「うわっ・・激濁り」(; ・`д・´)
と同時に動作確認や魚の反応を見ることのできないため
テストができずあたためてテストは行うことにして

まずはエンジンの動作確認・・キャブに古いガソリンが
入っている為通常よりも回数はかかりましたが無事に
かエンジン起動(^-^)琵琶湖では非力な2馬力ですが
ここでは王者になれます(笑)
そしてNEWバッテリーもおろしてイーグル魚探装備
装備は充実でスタート


エレキ操船・魚探の見方・操船などの練習の為
僕はバックシートに座ることにしています
じつはジグのテストをメインに
考えていたのでハードルアーを持ってきてなかったこともあり
この濁りなら通常なら間違いなく使うパイロットルアーがない
事で濁り対策のものにべた付きだろうバスに対してのピン撃ち
それが僕らに残された持ち駒となり激濁りリザーバーへ・・
開始して10分・・あるオーバーハング下に
ホグ系ワームの直リグを投入しボトムを取った後
ボトムバンプで捜査している際に
「もわっ」としたアタリが・・「ん・・?」
軽くきいてみると・・パワフルな引きが!
「デカい・・・!」ここのダムではまず見ない50UPが
顔を出した!推定54位だと思われます
いきなりのバイトに合わせ直しを怠ったため
ジャンプの際にバレてしまいました・・(;・∀・)マジか(笑)
ここで見たバスで琵琶湖サイズとは正直驚きました
価値的には琵琶湖の65オーバーにも匹敵のレアサイズ
そんなこともありそこを後にしカバーを打ちながら上流へ
しかしその後はバイトがなく折り返し
水温や水質の少しでもいいところを探しての操船が続いた
彼はホームが大野ダム・そして和知ダムもよく来ていたので
全体の地図や釣り場をある程度理解していることもあり
エンジンで移動を繰り返しワンドの入り口付近の
ブッシュカバー周りへのジグのアプローチで40UPを確保に成功!
満面の笑みでカバーアプローチからの1尾をジグで轟沈!
最高の笑顔でしたよ(*^-^*)

KIMG2502.JPG

KIMG2503.JPG

ブレイクから1段上がった台の上に魚がさしている感じで

その後もワンド内の
ワンド内のカバーアプローチにて(笑)
ここのアベレージは30センチで40UPでグッドサイズ
ということで☆
立て続けに30くらいのが2本・・
そして僕にも同じく和知サイズと言われる小型がHIT(笑)
昼も過ぎて3時頃今度は帰りながら来た方とは
逆のストレッチを流しながら
ブレイクから一段上がったシャロ―カバーを意識したカ
バー撃ちで撃ちながら移動し
あるワンドの入り口で「ここもいいんすよね」
と彼もお勧めのワンンドがあり
そのカバーサイドからのワンリアクションにて
「GON」先程のマグナムとは言いませんが良いサイズをHIT!
こうして僕にも取り損ねたグッドサイズをキャッチ

 

1525429814258.jpg
その後は2人共特にチャンスはなく時間もあるので
ここで打ち止めとなりました♪久々ではありましたが
楽しいマイナスイオン満開のダム湖でのバス釣り☆
いいものでした・・そしてボートの上げ下ろしも2人だと
ほんと迅速に進めることもでき撤収完了

 

KIMG2508 (1).JPG

KIMG2507.JPG

その後帰りに彼のお勧めのごはん屋さんにて
晩御飯をご馳走になりました(^-^)家庭的な店で定食も
色々と種類があり美味しくいただきました
こうして彼との久々の釣りを楽しむことができました

comments(0)









url: http://blog2.d-engine.info/trackback/2396