D engine 2 〜 ex.土下座ファクトリー 〜

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
プロフィール
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
ザクトクラフトIN 琵琶湖☆

 

 

ザクトクラフトの吉田さんと琵琶湖にて
今期発売の「酒盗」フォーミュラの
テストも兼ねた琶湖釣行となりました☆
吉田さんも琵琶湖は初めてということですが
僕も3年程ボートで琵琶湖に出ていないという
ブランクもある中の釣行(^^;)

仲間のマツさんが前日にかなりの水揚げをされており
ここ最近の琵琶湖の状態などの情報もくださり
(*^^*)いざ出船!

朝一既に風が吹き始めており真野からのスタート
葦原を目指すも水面が波で見えにくく
一度チェイスはあるもののあまり芳しくないので
南湖へ移動☆木の浜沖から流しでスタート

そして赤野井シャローフラットにウィードの育ちが
進まずあるにはあるものの発育が今年は遅いのか・・
強風にあおられながらの釣りで何度か流されながら
ターンを繰り返すも1尾のみ・・

 

32231502_1677845575662813_5643158067085312000_n[1].jpg

 

2人で粘るもここを諦め風裏になるワンドに入ることに

山ノ下湾葦際にて吉田さんも何度かアタリが出だす
その中でカバー撃ちを敢行する中僕にバイトが!
首を振る・・こいつは!なんと雷魚君ではありませんか!
直リグにギル系ワームでの撃ち込みでのバイトでした


その後バスからの反応も乏しくここを移動することに

そこで僕のホームへ向かうことにしました
3年とボートでの釣りはしていないですが
通常なら大型個体を複数ストックしているエリアで
ここのパターンは熟知しているのであのパターンが
生きていたらとエリア入り

そこで太陽の角度が作り出すシェード撃ちを敢行
吉田さんのロッドが大きく弧を描いた!
ドラグが唸りながら格闘が続いた・・そして次の瞬間
大きくジャンプしたその輩は明らかに50UP!
「惜しい」(≧▽≦):しかしこのパターンが
生きていることが証明され・・そのまま奥へ・・・
そして再度吉田さんの唸るドラグ音!「デカいです!」
その時はきた!56センチをキャッチに成功!


流石は代表(#^^#)一度目のミスを上手く修正し
自己記録を塗り替えると同時に
琵琶湖で初めてのバスが56センチをマーク!
僕も思わず感極まり喜びの握手ヽ(^。^)ノ
おめでとうございます(≧▽≦)☆
ルアーは勿論「酒盗&プロトワーム」
この酒盗フォーミュラですがふたを開けるだけで
麹、お酒のような臭いにパンチの効いた香りが際立つ
まさに魚が離さない・・深いバイトを誘発させるには
効果を発揮する秘密兵器となりうる可能性を見せてくれました(*^^*)
ピン撃ちシェード狙いをきっちり理解しての
アプローチも研ぎ澄まされビシビシ撃つ!流石でした(^-^)

 

32266819_1677843715662999_7129604947825393664_n[2].jpg
その後も縦ストが作り出すシェードにベイトがリンクする
狙いのストライクゾーン撃ち続け更に54センチを確保に成功!
その後ブレイクにて30UP・・!
そして更にシェードで50UPが口を使った!
格闘の末大きくジャンプの際にバレてしまいました(;・∀・)
この日最大級のサイズでバレたのは残念でしたが
このパターンは完全にハマると同時に
「酒盗」のフォーミュラー効果が最大限に生かされる展開となり
吉田代表の渾身の新製品の琵琶湖のデカバスに対しても効果絶大
素晴らしい「酒盗」のデビュー目前の琵琶湖にて初陣を飾った!

短い時間ではありましたが吉田さんとの琵琶湖釣行
素晴らしい一日となりました(*^▽^*)
ご多忙の中での琵琶湖遠征お疲れ様でした

 

32294310_1677845695662801_2688718899607764992_n[1].jpg

 

32332474_1677845648996139_3754755453494493184_n[2].jpg

これが吉田さんからいただいた「酒盗」BOX
使い方は溶剤の中に半日漬けこみ・・使う際に
出し汚れを水で落とせば使用OK!

 

32247330_1677845778996126_8527615179175755776_n[1].jpg
しみ込んだ臭いはちょっとやそっとでは取れません
一度船でお互いに・・「今・開けましたか?」という風に(笑)
空けると異臭騒ぎです(*^▽^*)と同時に魚も大好きな
フォーミュラ「酒盗」を宜しくお願いします<(_ _)>

comments(0)









url: http://blog2.d-engine.info/trackback/2398