D engine 2 〜 ex.土下座ファクトリー 〜

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
プロフィール
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
開成フォレストスプリングス 

先日、お世話になっている
ザクトクラフトさんの忘年会が厚木であるということで
神奈川へが行ってきました。

 

IMG_5594.JPG

IMG_5597.JPG
開成フォレストスプリングスという管理釣り場が

ザクトクラフトさんの本拠地ということもあり
FUJIは何度かここを訪れ、キンさんをはじめ皆様に
色々と教わっているエリアでもあり
今回は関東の管釣り初のでもある僕は
初チャレンジとなりました。

 

当初から聞いていた通り水面から30センチで

多く反応があるということでまずはセニョールで
表層直下を巻くき何投かしたら「コン」キマシタ(^^♪
初関東ニジマスGETとなりました!

 

IMG_5599.JPG
その後TOPでバズボールにて水車周りを流していると
大物のHIT!格闘の末バラシてしまう(笑)

 

IMG_20181203_070720_843.jpg

 

IMG_20181203_071544_360.jpg

その後も2本追加した頃、ザクトの吉田代表が来てくださり
ここでのアタリやレンジ・ハニースポット等を
伝えてくださり
効率よく魚を捕れる術等を学びました。

 

IMG_5605.JPG

ここまで不調だったFUJIですがシェード絡みの
水の動くエリアにて大物を掛けるも惜しくもバラシてしまう
ホント惜しかった(;・∀・)
その後・FUJIの先生でもある
キンさん到着!ここで狙いの意識が散漫になっている
FUJIにキンさんからのアドバイスでルアーを見ず
手元に集中してルアーも見ないというアドバイスで
FUJIがついにキャッチ!

IMG_5610.JPG
その後も適切なアドバイスで調子を取り戻したFUJI
僕もこのときキンさんそして
セニョールを熟知された三橋さん
代表吉田さん 皆さんから色々と説明を受け

 

KIMG4484.JPG
魚の意識を水面に向けさせたりわざと水面を叩いて
活性を上げる技、セニョールの巻きの大小や
巻き方での反応の違い。オリジナルとスリムの違い
更にベイトボールを見つけてはバズボールを投入しての
食わせのアクション「ゴポッ!」タイトにロッドをあおり
ポッパーのように水泡を纏いシャープにあおるのが肝
スローシンキングのバズボールの使い方ですが
今まで思っていた「スローシンキング」はペレットパターンの
沈下性の餌の意識でフォールで食わせるものだと
認識していたのですが、引き波が立たない程度の水面直下を
スローリトリーブすると・・・その動きに耐え切れず
引き波を立てて我慢できなくなった魚が
バイトしてくるという非常に面白い発想の釣りを教えてくださいました。

KIMG4485.JPG

お昼ご飯もここは充実レストラン併設で素晴らしい
環境の整ったエリアでこれなら家族やデートでも
安心して利用できるエリア
人気があるわけだ(笑)(*´▽`*)キンさんが
ご馳走してくださりました(*^-^*)ありがとうございます。

 

IMG_20181203_074301_427.jpg

今回はシエラとスピニングタックルを使用しての
調査となりました。昼からはFUJIは女性&子供エリアで
爆発(*^-^*)ここは入れ食い状態でした。40超えをマーク

IMG_20181203_071612_258.jpg

 

テスターのキム兄も登場し次々とHIT!流石です

僕も水車エリアで群れて口を使わないという魚に対して
縦のリアクションでHITでデカいのをGETとなり

IMG_20181203_070645_199.jpg

IMG_20181203_071521_117.jpg

その後ぽろぽろ釣れました。

夕方皆さんの言う「バズボールタイム」があるらしく

水面がひときわ慌ただしく成る時間帯がやってきました
あちこちで水面が割れ魚がボイル?
FUJIもキンさん指導の下ここでHIT連発

 


周りの皆さんもHIT!そして終了間際僕にも良いサイズがHIT
着水後ワンリアクションでのバイト!

 

IMG_20181203_071429_913.jpg

IMG_20181203_071452_610.jpg
ここの対象魚種は多くいるのですがそ
のほとんどが既におらず
今はニジマス系が大半を占めている現状となっているようで
もう一つ驚いたのですが、
ここのニジマスは養殖過程が良い為か
ものすごく強い引きで元気がいいのでホント驚きました
そんなこんなで時間切れとなり終了となりました
今まで管釣りは、特別人に聞かず
我流でやってきたのですが
色々と学ぶことで新たなる引き出しが
広げることができたことが何よりの収穫でした。
(*^-^*)それもキンさんをはじめとする
ザクトクラフトの皆さんのお陰に他なりません
ありがとうございました^・^

comments(0)









url: http://blog2.d-engine.info/trackback/2439