D engine 2 〜 ex.土下座ファクトリー 〜

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
プロフィール
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
アクア★トト

 

「アクアトト」という淡水魚専門の水族館が岐阜にあります

少し前にそこに行ってきました^・^淡水魚好きの方にはたまらないところで

岐阜周辺の淡水魚からアマゾンの魚を展示していることで有名今月から

世界の鯰のイベントがありあのヨーロッパオオナマズも入るらしく楽しみですね

 

入り口にはこういったもので記念撮影もできます(笑)

草魚や鮒・鯉・・鯰まで^・^

アオウオ

シルバーアロワナ

メコンオオナマズ

ピラニア

ワラゴレイリー サワイ

ジャイアントグラミィ

ゴライアスタイガー

スーパーXLナイルパーチ

オキシドラス デカいコリドラスですね(笑)

シャベルノーズキャット

パーカーホー

こうした魅力的な魚達が展示されている素晴ら水族館ですよ^・^是非お勧めです★

comments(0)
タイに挑む!

 

タイ遠征☆いよいよです^・^「チャド―」ジャイアントスネークヘッド「トーマン」

日本流通名「レッドスネーク」こいつが僕が初めて挑み手にした魚種

日本の雷魚よりも遊泳能力がはるかに高くうちわのような尾びれの水を押すパワー

魅力的な魚です^・^カムルチィのあの模様もカッコイイですがこの魚もヤバイです★

 

今回は1日しかこの魚にあてられませんが何とか獲れるように頑張りたいです

 

ザクトのザグナをTOP仕様にしてみました

バズでのスタートとなりますが色々使ってなんとか1尾はGETできるように頑張ります(^^ゞ

comments(0)
HIGEスタイル

 

先日・兄貴から連絡がありあるモノを受け取りに行ってきました

兄貴はしばしば自分でTシャツに自身でデザインしたものをプリントしたりして

自作のものをよく身につけていることでお馴染みですが♬

前回いただいたHIGEクルーTシャツに対して今回はパンツも作ったようで

 

そもそも「ひげくるー」とはなんぞ?兄貴いわく「人を含めヒゲの生えたあらゆるものを釣る為の

戦闘いや捕獲するためのもの」と言わしめるものでこの大まかでアバウト感が素晴らしく

今回の品も見事な出来となりました^・^兄貴ありがとうございました♪

comments(0)
Fishman ★スタイル☆

 

現在のタックルですが魚種を限定しないことで

様々なターゲットに照準を合わせるべくロッドのレングスとパワー

そしてピン撃ちスタイルの釣りを主体とする赤塚ISM

鯰のオールラウンダーの1本はザクトクラフト★ナマズウィスカ―

そしてバスの1本にGルーミスのGL2を加えました

この5本は7フィート前後のモデルです

リールはタトゥーラCT・SVTWを主軸にエランワイドパワー+

そしてビックシューターコンパクトで強化

 

Fishman Beams7.10MH ビッグシューターコンパクト

Fishman6.10XHcomodo エランワイドパワー+

ザクトクラフト ナマズウィスカ―70M タトゥーラCT5.5

GルーミスGL2 853CJWR タトゥーラSVTW8.1

Fishman Beam sLower73L タトゥーラSVTW7.3

新型Lowerのキャスティング精度はこの5本でも1番

赤鬼の7.10は柔の剛竿に対して

更に強力なバットパワーを装備した強力なcomodo

 

 

 

そしてキャスティングBRISTシリーズの2対に対しベイトフィネスのシエラ5.2UL

抜群の操作性と精密なキャストにパワーを兼ね揃えたシリーズ

シエラは2gクラスのルアーを軽快に操ることのできるベイトSP

 

 

Fishman BRIST5.10LH タトゥーラSVTW6.3

FishmanBRIST5.10MWH タトゥーラCTタイプR

Fishman Beamsシエラ5.2UL レヴォLT

 

comments(0)
☆ザクトクラフト★  シンさんIN京都

 

少し前になりますが昨年から「ザクトクラフト」さんの

モニターをさせていただいていることもあり各地でナマズ釣りの遠征などを

今期はこなしてきました。愛知県・三重県・和歌山・奈良・大阪・滋賀などにて

ザクトを通じて知り合ったナマズ仲間の方々に愛知でのガイドをしていただいたり

FUJIと2人で各地へ出向き様々なシュチュエーションで鯰と向き合ってきました

 

昨年はザクトから・吉田代表・そして野呂さんを迎えた雑誌

「鯰王」の取材のお手伝いなどもあり充実した鯰ライフとなりました

そして今回はザクトクラフトから「小幡くん」兄弟を迎えての

京都ガイドを担当することになり色々とエリアを紹介することとなりました

シンさんは宮城からお世話になったメンバーや方々のところを廻り修行を兼ねた釣りで

群馬・静岡・そして岐阜で取材釣行を行った足で京都入り家で2日ほど泊まり

鯰修行を行うというモノでした僕も仕事だったので昼過ぎに到着した兄弟に

エリアと狙いを伝えておくと・・寝る間も惜しんで到着した兄弟は

1尾自力で釣り上げて幸先良く京都鯰をGETに成功・・★

そして疲れが蓄積した体を

休め車で爆睡・・・・・僕も仕事を終え兄弟を迎えまずは腹ごしらえ・・♬

久々の再会に花を咲かせつ連戦の疲れをここでリセット☆彡

 

雨が降り出した京都・明日のプランを変更し僕らが開拓したエリアをガイドすることに変更

その前にここでナイトゲームを少しやることにしました

魚の把握できていましたのでそこへ小雨の降る中案内しました^・^

 

水路の流れ込みから引き出したグッドサイズの鯰を仕留めた兄弟^・^

いいですねぇ^・^ナイスキャッチ☆彡この後は少しオオナマの状況を見に行くも

雨がきつくなり明日に備えこの日は帰宅

あくる朝起床・・朝早くから開拓エリアへ向かうことにしました

このエリアは2年前から2人で着々と開拓を進めたエリアなので兄弟に

いい釣りをしてもらうにはここだとよんでの選択でした

 

1つ目のインレットエリアでHIT☆彡雨の中幸先良くザグナでインレット絡みにてHIT

ここから怒涛のレインパターンが炸裂することとなる

この日のパターンは増水した河川に絡むインレット撃ちだカギとなりました

勿論この人もFUJIも釣り上げています

ザクトクラフトのTOPルアーのみでインレット周りからナマズが強襲爆発となりました

2人ともかなり釣れているので僕もロッドを出すことに^・^インレットでTバドでGONでした

ザグナ・Tバド・おちぱっくんを使ったザクト祭り★

兄弟は10本くらい釣り上げることに成功★いい結果を出してくれました^・^

この川幅は兄弟の得意なディスタンス☆彡70Mにてインレット周りに集まる鯰をTバドで食わせていく

スタイルがハマりました^・^

 

こうして移動しながら京都へ移動しながらここで数本僕も釣り上げました

 

夕方から京都で同じ京都の鯰仲間のSさんの夜ナマガイドがあるので

集合場所に集まりここでSさんのガイドも的確で早々に皆1本ずつ釣り上げることに成功

素晴らしい一時を過ごすことができました♪こうしてエリアを満喫した兄弟は

この日もう一泊し・あくる日更なるミッションの為滋賀・・愛知・・静岡と移動し

見事な遠征行脚を成功させ地元宮城へ戻っていきました^・^兄弟ホントお疲れ様でした♪

 

 

comments(0)
お土産いただきました(^-^)

 

兄貴の会社の後輩SUGANOくんはかつてブラザーI氏やキジ兄と同じ

会社で勤めていた過去を持つ男でもあります^・^

そんな彼の地元は神奈川県☆帰省していたようでお土産をいただきました

 

 

^・^今期ベイト修行を開始したSUGANO君ですがベイトを慣れて

手足のように使えるようになるべく今期から奮闘中☆彡今後が楽しみです^・^

SUGANOくん「海軍カレー」ほんとありがとうございました^・^最高です♪

comments(0)
2017年度 ハードルアー大会開催

 

昨年に引き続き今年もやってきました♪

ハードルアー大会を開催したいと思います

この大会のキャッチフレーズは「全員ウエイン」をかかげ

あらゆる魚種をハードルアーで釣り上げていくというモノで

面白いのが海だろうが淡水だろうがその制限はありません

1魚種1ポイント各種類1尾以上はポイントに含まれないので

時間をどう使って多くの魚種に出会うことができるかという

ある意味特殊な大会であります^・^

 

範囲は京都府全域が大会範囲になります

今回お子様をお連れの方のみの朗報があります

お子様のお世話をしながらの複数ゲットは困難ということで

子供と一緒なら餌釣りを可能とさせていただきます

 

昨年同様に当日窪田さんが写真と一緒に撮影するカードを

作成してくださりますのでそれと魚を撮影して提出となります

 

☆大会日時は各自ご連絡させていただきます★★

☆大会参加費☆

大人500円  子供300円

 

夏の思い出としても皆で楽しくチャレンジできるこの大会

昨年に続き素晴らしい大会になるように頑張りますので

ご協力お願いします^・^

 

 

 

 

comments(0)
万屋M君の☆テンカラデビュー★マサ兄快挙☆彡

 

「万屋Mくん」ですが今期は会社の先輩と共に

「テンカラ」をスタートさせてのチャレンジがスタート★

さて、Mくんは魚に出会えたのでしょうか(^-^)

 

 

☆ご無沙汰しております。先月に会社の先輩と渓流の

「テンカラ」デビューを果たしました。

安定のバラシをかまし、ボウズでデビューを果たしました(笑)

次の週にマサ兄と同じ渓流を攻めましたがボウズ(笑)

この時はマサ兄もボウズでした(・_・;)

 

帰りの車の中で次の週に久多漁協でルアー大会が開催される

情報をマサ兄に伝えると「出よう!」との事だったので

2週連続でボウズを食らった自分は

次の日まで返事ができませんでしたが、どうしても

テンカラで綺麗なアマゴを釣りたかったので

挑戦することにしました

 

迎えた日曜日に現地に行くと一番乗りで漁協の方から情報を聞き、下見に行くと

まあまあのサイズが想像以上にいました(笑)

流石、大会に合わせての前日の放流です。

大会参加者は全部で10名ほどでした

 

大会が始まると、すぐにマサ兄が釣り上げました(笑)

自分も感化され幾度となく竿を振りましたが寄ってきても口を使いません

。挙句、やっときたと思ったらキャッチ寸前でバラシ。

それ以降も全然でした(笑)

 

その間にもマサ兄は周りが渋い中ポツポツと釣ってましたよ(笑)

ウエインは2時半でしたが自分は2時ごろに漁協に戻り、他の人と

談笑してました(笑)この日はやっぱり渋かったみたいで

早めに上がった人も多く現在1位のサイズを見ると

「マサ兄勝ちそうやな」というのを正直思いました

結果はマサ兄は1位の21センチと2ミリ差で惜しくも2位★

2年連続優勝してる人も4位と激シブな中、流石マサ兄は初出場で

2位はやっぱり凄えっす。

 

表彰式も終わり、談笑しながら帰る人やもう一度入水する人を見ながら車に戻るとき

「テンカラは虫が出てくる時間帯がええはずやから粘ろうか」と言ってくれたので

粘ることにしました(^-^)自分が竿を振っているときはマサ兄は竿を出さず

後ろから見ていてくれました。3時間ほど経ち、太陽が落ちかけてい小さな虫が

飛び回るようになったころ今までの反応がウソのように活性が上がり始めました

ライズも始まり流れ落ちたところにぴったりとアマゴが張り付いていました

活性が上がったなって思ってすぐ釣ることができました(笑)

マサ兄が「粘ろか」って言ってくれなかったら釣れませんでした

ホントにありがたかったです^・^

 

「せめて家族分」を目標にやってましたが結果は1匹(笑)

マサ兄が自分の釣果か家族分を分けてくれました(笑)

ありがとうございますマサ兄(笑)

次はマサ兄に分けて上げれるくらい釣りたいです^・^★

 

素晴らしいですねMくん(*^^*)テンカラをスタートさせての練習と発見の繰り返し

魚との間合いや気配・疑似餌の流し片流れの読み方・捕食ベイトのマッチザベイト共に

沢山の事を学ぶいい機会となりましたね(^-^)リールと違うロッドとラインを上手く使い

魚へのコンタクトをラインで誘うテンカラ☆仕掛けは簡単でいて奥の深い釣り方ともいえそうです

マサ兄との居残りフィッシングでの夕暮れのマッチザベイトでホント嬉しい1尾となりましたね

苦労をして釣ったこの魚の価値はホントお金じゃ買えないものですね^・^おめでとうMくん★

マサ兄(≧▽≦)やっぱ素晴らしい人ですよ♪釣りの技術は勿論として人として素晴らしい人格者

ルアーを使ったアマゴへのアプローチからの食わせとリアクションを駆使した戦略で

2位★おめでとうございます^・^ホント素晴らしい快挙ですね♪おめでとうございます★

「海王」であり尚「渓流」もこなすマルチな腕前で安心できるDを支える兄貴です^・^

M君の諦めないことで1尾を取ることのできたこと^・^これは称賛に値しますよ★

どちらもホント素晴らしい時間を過ごされました^・^♪

 

 

 

 

 

 

comments(0)
でんでんまる ☆鯉釣りフォトダービー結果☆

 

今期は愛知の「でんでんまる」さんで開催されている

カープのフォトコン大会に参加していた僕らですが

この大会は面白く餌だのルアーだの垣根を取っ払った大会という

まさに「キングオブ鯉」という感じの大会ということで

普段から鯉をたんまり釣り込んでいたので

この大会の参加を決めました^・^

こんな大会に参加している人はやっぱり凄い人がいますね

 

 

 

 

http://denmaru.at.webry.info/201705/article_15.html

おかげさまで僕らもなんとか上位に食い込むことができました

FUJIは「489ポイント」6位ですが「敢闘賞」をいただくことができました

女性参加者が少ない中ホント頑張ってくれました^・^

そして僕ですが3位になることができました

各地でデカい鯉を探しながらのカープハントはホントスリリングで楽しかったです

 

素晴らしい魚達と出会えた上半期^・^ホントいい思い出となりました♪

 

 

comments(0)
今季初シーバス修行

 

土曜日夜9時頃から一平君とシーバス釣りに行ってきました

シーズンはバチ抜けシーズン・・そういったことを踏まえて

フィッシングマックスさんでシンペン等をGETしてエリアへ

風が強くいつもの大場所をやめ例のエリアへ行くことにしました

到着し2手に分かれて対岸を河口に向かって進むスタイルでスタート

「バチ」を確認しながら進むもほぼおらず・・・

河口付近で元気よく暴れるボラたち・・ここで一通り攻め込んだ後に

この局面を打開するべくボトムにいるだろうチヌにシフトし

「ボンボン系」のハードルアーをボトムに着底させ・・ロッドを倒し

アタリを取りつつのずる引きで反応を見ると・・「CON」「ん・・きた」

 

チヌだと思われた反応はなんとシーバスでした(・∀・)

サンドバーと少しゴロタが絡むエリアであった為再度リグを投入

サイズはどちらも大きくはないのですが今期初シーバスでした^・^

その後ボラが掛ったりでこのエリアを後にし戻りながらスタートの水門エリアへ

「あっ」先程はほぼいなかっちゃバチが少し確認できました満潮から下げ潮

そして時頼シーバスのバチ食いが確認出来ました・・数は少ないのですがこれだ(・∀・)

しかしここのバチはサイズが小指の半分ほど・・・買ったルアーはデカ過ぎでマッチしない

そこで以前購入したバークレーの小指弱のソフト素材のシンキングペンシル・・

コイツをリ繰りバイトがあるエリアへのアプローチ☆彡そしてHIT

 

サイズは小さかったのですが狙い通りに獲れたことが収穫でした(^-^)

一平君もこの日はNEWアイテム「フィッシュマン★リプラウト」の初陣の日

あらゆる手を尽くし夜が明けるまでの時間をシーバスとのかけ引きを繰り返しその後

ボラをHITさせシーバスのチェイスもありもう少しという感じでしたが夜が明けはじめ

この日は帰ろうとしていたときに2人で歩いていると・・ある水路に波紋が立っている

ことに気が付きました♪そしてそこへ行くと「うわっ・・なんだこれは!」

なんと鯉と鯰が沢山(・∀・)これはチャンス!

 

ブレードスピンが付いていたのでまずはこいつで1尾

そしてポッパーがあったことに気付き変更

その後2本追加に成功

そして一平君も見事に決めてくれました^・^ナイスフィッシュです★

リプラウトの使いやすさと汎用性を体感できた1尾でもありました

最後まであきらめない彼のスタイルは称賛に値するもので見ていて気合が入るものでした

こうしてここを後にすることとなりました^・^どんな魚も楽しいですね♪

 

 

 

 

 

comments(0)